専門業者の特徴|注文住宅で叶える夢のマイホームの形

注文住宅専門業者選びは手を抜かないのが重要

上手に選ぶためのポイント

注文住宅とはいえ、人生の中で最も高い出費ですから業者選びは慎重行いたいものです。選ぶ際に気を付けたいことをポイントと共に紹介するので、ぜひ役立ててください。

ここに注目!業者選びの極意

見積もりをとってお互いを比較

まず行いたいのが、各社の見積書を見比べることです。工期や施工にかかる費用、プランの中身、坪数の情報を比較することで各社の良いところと悪いところ、特徴的な部分を知ることができます。

無理なセールスをしない

見積もりを取るだけで、向こうは契約させる絶好のチャンスだと気合いを入れますが、あまりにも無理があるセールスや無理強いは業者の信用を損なうだけです。お客さんの意見を尊重することに長けている業者は、厚木でも高く評価されています。

新築だけを扱っていると尚良い

注文住宅だけではなくリフォームや建売販売、内装と外装の工事を扱う専門業者は、あくまでも繋ぎとして兼業しているので新築物件に強いこだわりがありません。むしろ、工期や手を抜かれるケースもあるため、質の良い住宅を建てるのは無理に等しいでしょう。普段から建築関連の仕事に携わる専門会社であれば、そのような心配は全くありません。

家づくりに対する熱い思いがある

厚木にある専門業者は、デザイン性や素材、設備、アフターフォローといった自社の強みを必ず持っています。ただ、良い専門業者でも、思い描く理想とマッチしなければいい家は作れません。相性の良いところは必ず見つかりますから、時間をかけてじっくり探しましょう。

自社で施工するかが重要になってくる

高いお金をかけて家を作るのですから、責任感ある仕事をしてもらいたいのが依頼者の本音です。中には契約だけ取り、下請け業者へ丸投げするところもありますから自社施工、自社設計の専門業者じゃないと後々面倒でしょう。

専門業者の特徴

積み木

多くの人が関わるハウスメーカー

業界で最も大きいのがハウスメーカーです。知名度の高いメーカーが多く、顧客の数もずば抜けて良いのが特徴です。全国展開なのでどこでも対応できるのが素晴らしいでしょう。メーカー独自の工法が思っていた以上に高品質なため、注文住宅の安定感はすごいです。また、今の時代に合うシステムを導入した工法なので、住む人に安心感を与えてくれます。

サポート力がある工務店

人々に寄り添いながら家づくりをするのが厚木にある工務店の特徴です。家づくりのサポートだけではなく、引っ越しをした後のアフターフォローを含めた仕事を主にし、顧客との信頼関係を築きます。情報をとらえるネットワークがすごいので、土地探しのパイオニアでもあります。工務店の人気は、ハウスメーカーより自由度が高いところからきています。ハウスメーカーの場合、すでに既存のデザインをはめ込むスタイルですが、工務店は家づくりの制約がそこまで厳しくないため、思い通りの家を建てることができます。基本的に、広告等に力を入れないので施工費用はずば抜けて安くなります。スタッフ一人ひとりがとても温かい対応をするので、何でも相談ができる心強さもあるでしょう。

デザインを意識した家づくりは設計事務所

法令以外に特別な決まりがなく、完全自由型なのが設計事務所の特徴です。ハウスメーカーや注文住宅では難しい工法や仕様も設計事務所ならクリアしてしまいます。各家族のライフスタイルと、周辺環境が考えられた設計なので誰もが住みやすいと感じる家を完成させられるでしょう。建築事務所の大きな強みとしては、狭い土地にも自分たちの理想を詰め込み、注文住宅を建てられることです。この辺の融通が利く点は高く評価しても良いくらいです。ただ、規約が緩いという部分では、高額になる恐れがあるため費用計画はしっかり立てることが大切です。