それぞれの違い|注文住宅で叶える夢のマイホームの形

注文住宅を建てる前に知っておきたいことがある

施工事例がタメになる

目指す形を想像するのは限界があるので、専門業者がこれまで建てた家を見て設計していくというやり方があります。施工事例は、HPでも公開しているので、手始めに見ておきましょう。

注文住宅にするメリット

誰とも被らない世界でたった一つの家

既存の家は、間取りが似たり寄ったりなので面白みがありません。ここはこうしたい、洋風チックのおしゃれなリビングにしたいなどの要望を叶えるのが注文住宅の醍醐味です。

力を入れたい箇所を重点的に攻める

二人が入れるくらいの広いキッチンや、地震や災害に強い耐震性の家を建てたいという要望を叶えるのも注文住宅の仕事です。奇抜すぎる発想でなければ、大体のイメージは形にできるでしょう。

予算内に収めることができる

価格がすでに設定されている建売よりも、費用の調整ができる注文住宅の方がコスパ的にとてもいいでしょう。余った予算を設備に投資できるなど、他の部分にあてる余裕が生まれます。

質の良いものは資産価値が急上昇する

厚木で評判の注文住宅専門業者に依頼すれば、質の良い家を完成させられるため、建売住宅と比較しても注文住宅の方が価値があるとみなされます。資産価値のある家が欲しいなら注文住宅で決まりでしょう。

それぞれの違い

住宅

自由度が若干低くなるけど手軽なセミオーダー

建売のような縛りはないものの、基本となる仕様はすでに専門業者の方が決めているため、設計の時にはめ込んでいき、キッチンやトイレ、風呂場、そして色などを決めていきます。知識がこれよりもっと必要になるフルオーダーよりは、こちらの方が手軽でしょう。

全てにおいてこだわり抜けるのがフルオーダー

建築に使う材料を細かく選択できるのがフルオーダーの魅力。しかし、建築に関する知識が乏しいと、設計士への指示ができなくなるためある程度勉強しておくことが重要になります。セミオーダーより圧倒的に時間とお金がかかりますが、品質の高い家づくりがしたい人向けだといえます。

様々な部分で比較する

あまりに手間がかかるフルオーダーは、厚木の専門業者でも対応できないことがあります。そのため、それに力を入れる専門業者を見つけることが今後の課題になります。費用や工期期間、手間が少ない三つの特徴を比較し、どれが最適なのかを検討しましょう。