サポートを受けながら計画しよう|注文住宅で叶える夢のマイホームの形

素敵な注文住宅を建てるためには計画が大事

大切なのは話し合うこと

家作りは一人ではなく、みんなで行なうものです。家族でどんな家を目指すかという部分で話し合いを設ける必要があるでしょう。また失敗しないためのコツやポイントも合わせて知っておきたいですね。

資金計画の上手な立て方

ローンの申請を行う

とても高い買い物になるため、資金計画はしっかり行うべきでしょう。一番は住宅ローンを組むことですが、ローン会社を積極的に紹介してくれるところだと早く決まりやすいです。

収支を確認する

今の収入から支出するものを引いた時、どのくらいの金額が残るかも重要ですよ。ローンを使うのなら、月々の支払いが待っていますからそれに対応できる余裕があるかが重要です。

頭金に出す金額を決める

ローンで融資が受けられる額がわかると、次は頭金にどのくらいの額を使うのかを決めていきます。最低でも10%から20%を支払うのが基本でしょう。

他の出費にも目を向ける

家づくりにだけお金がかかるわけではなく、地盤改良や水道開通工事、設備導入など様々な部分にお金がかかります。注文住宅だけの費用ではなく、全体を見て計画を立てることが大切です。

無理のない計画が大切

無理に詰め込んだ資金計画は、後で苦しくなるだけです。資金計画で最も重要なのは「余裕をもって返済できるか」「生活に困らない程度の資金を確保できるか」という部分なので本質を見失わないよう注意しましょう。

サポートを受けながら計画しよう

女の人

担当と話し合いながら立てる

大きな額が関わってくるため、自分たちだけで費用計画を立てるのは少々難しい部分もあります。また、どの辺を削れば余裕が生まれるのかという部分においては、厚木で多くの注文住宅に携わったプロからアドバイスをもらった方が確実です。

ローンについてよく知る人物に相談する

家づくりに欠かせないローンも、ただ契約すればいいというわけではなく金利の事も含めて検討する必要があります。また、収入や過去の金銭的部分で審査が通らなかったという事態を想定し、数多くのローン会社を扱う専門業者を厚木で探すといいでしょう。ローンを通りやすくするためのお手伝いをしますし、希望に合う会社を提案してくれるはずです。

アドバイスは素直に聞き入れる

家づくりは二人三脚になるため、資金計画の段階でプロのアドバイスにも耳を傾けることが重要。しかし、「はい、はい」と何でもかんでも同意するのではなく,自分の意見を主張しながら進めることも資金計画をしっかり立てる時に大切でしょう。